浄土平- 福島県 -


HOME > 謎の秘境男 > 浄土平 (福島県)


浄土平

まえがき

360度の非日常

浄土平は秘境である。相当ひねくれた人でない限り異論は無いと思う。
ここのように広大な面積に渡る荒涼とした景観は、国内でも数えるほどしかない。
その全部に行ったわけではないが、車で到達でき、駐車場があり、自由に歩き回れるという条件を当てはめれば、さらに数は少なくなる。
そんな貴重な存在の浄土平。正確に言えば浄土平はこの地域の一部にある湿原のことであり、この秘境一帯を示す地名ではない。
浄土平駐車場から15分で登れる「吾妻小富士」は浄土平ではないが、その遠征先を他人に伝える際には「浄土平に行く」となる。
地方から浦安に引っ越す際、「上京する」と表現するようなものか。いや、違うな。

ガスとハゲ山と宇宙

浄土平には駐車場がある。駐車場から見える景色だけでも十分見応えがある。
そこにはビジターセンターがあり、天文台があり、夜間でも使用できるトイレがある。11月から4月までは冬季閉鎖となるが、その他の時期であれば深夜早朝問わず来訪できる。
今回は登山のためここで車中泊をさせて頂いた。僻地にある駐車場にもかかわらず、夜間でも入場車が現れる。広大な駐車場の奥のほうでは、天体観測の方たちが静かに楽しい時間を過ごしているようだ。
それぞれが大人のわきまえを心得ており、騒いでいる連中は皆無。そのため快適な夜を過ごせた。静かで荘厳な地では、このような大人だけが集まって欲しい。
翌朝、登山のついでにガスとハゲ山の浄土平をウロウロしてみた。
(REPORTに続く)



謎の秘境男 REPORT

浄土平

中央に建つのは浄土平ビジターセンタとその駐車場。
登山、トレッキング、天体観測などのベースキャンプに適した場所だ。
昨晩はここで車中泊をさせて頂いた。ありがとうございます。



浄土平

早朝の浄土平駐車場(の横から)。
たとえ駐車場でも、ここから見える景色は格別だ。



浄土平

早朝にも関わらず、駐車場には結構な台数の車が駐車している。
トイレに近い場所だから、この辺りで車中泊をする人が多いのだろう。
ちなみにこの画像に見えているのは、広大な駐車場のほんの一部に過ぎない。
俺はもっと奥の誰もいない場所で、快適な夜を過ごした。
満天の星空の下、トイレまで少々歩くのも楽しいものだよ。



浄土平 浄土平

この駐車場から一番お手軽に登れる山は「吾妻小富士」だ。
山頂の淵まで15分あれば登れる。浄土平が一望できるだろう。
ちなみにお手軽とはサンダルで登るってことではないよ。山は危ないからね。
運動靴とカッパとチョコと水があれば平気さ。手ぶらサンダルはダメよ。



浄土平

駐車場敷地内にある浄土平天文台。
この地の荘厳な景色は、地上から宇宙までひと続きなのだ。



浄土平

奥の駐車場は登山口になっている。
ここからの景色は、火山性ガスの噴出口が間近に見られる。



浄土平

どうだい、モクモクだろ。



浄土平

遠くに奇妙な色をした山(の一部)が見える。これはなんだ?



浄土平

なぜここだけ白いのか分からない。
ちょっと近づいてみるか。
磐梯吾妻スカイラインを北上し、出来れば車を横付けしてみる。



磐梯吾妻スカイライン磐梯吾妻スカイライン磐梯吾妻スカイライン磐梯吾妻スカイライン

常識が邪魔をして路上駐車ができなかった。非常識な人が羨ましい。

地質学の知識は皆無なので、見たところで何も分からない。
でも、これでいいんだよ。
異景の地に白い山があった。これだけで十分楽しめるのさ。





注意書き

謎の秘境男の概要

ネット・雑誌・口コミなどで情報を収集し、興味深いと感じた場所を探訪します。

目的

※このカテゴリーは他のカテゴリーとは異なり、クリアが目的ではありません。

クリアの条件

(1) ここでの秘境の定義は「非日常を感じられる場所」とし、自然界に限定しません。
(2) 危険を伴わずに到達できる場所。
(3) 法令・条例違反をせずに到達できる場所。

Sponsored Link

車中泊ベッドキット
車中泊ベッドキット
車中泊ベッドキット
http://sawyer.jp

AD




↑このページのトップ↑