会津若松熱塩温泉自転車道- 福島県 -


HOME > たびチャリ > 会津若松熱塩温泉自転車道 (福島県)


会津若松熱塩温泉自転車道

まえがき

会津若松熱塩温泉自転車道

・別称 大川喜多方自転車道
・総距離 49.9km
・起点 福島県会津若松市大戸町
・終点 福島県喜多方市熱塩加納町
・芦ノ牧温泉-会津若松-喜多方-熱塩温泉を走る大規模自転車道

今回の走行区間

→ 走行区間マップ
・道の駅喜多の郷 → (13.5km:往路) → 阿賀川橋 → (16.5km:復路) → 道の駅喜多の郷
・この大規模自転車道の27%(北側区間)を走行
・本ページ下欄のREPORTは復路を掲載

阿賀川橋から自転車専用道路までの一般道並走区間は、広く交通量が少ない快適な道であった。晴天無風でもあったため、より一層快適に感じたのだろう。
自転車専用道路区間は虫が多く、顔にバチンバチンと当りまくる。特にトンボと蜂が当る。
まあ仕方ない。向こうからすれば俺が邪魔者、ここは虫のテリトリー。
中間地点に喜多方駅があったので、自転車道から逸れて行ってみた。
こんな機会が無ければマイチャリで走ることなんて無いからね。
喜多方は町並みが江戸っぽい感じだ。いや、江戸じゃないな。江戸は東京だ。
江戸時代っぽいが正しいかな。知らんけど。
本当は喜多方ラーメンを食べたかったが、車を停めさせて頂いた道の駅で食事をするので、ここはぐっと我慢をする。
後半区間は長閑な田園地帯の中を走る。どこまで走っても前方に見える雄大な山脈が隠れることは無い、遠近感が麻痺する楽しい道。
たまに熊が出没するけど。

前泊

今回の福島遠征は、【チャリ】と【登山】で遊ぶ2泊3日車中泊の旅。
チャリは最初のアクティビティとなる。
東北自動車道を矢吹ICで降り、最寄りの「道の駅天栄」で車中泊させていただいた。
22時を過ぎていたので缶ビールは350mlを1本だけ。ツナの缶詰をパカっと開け、薄暗いLED電灯の下、ラジコン雑誌をパラパラめくりながら軽く夜更しをする。
10月中旬だが、ここはかなり冷える。
たまに秘密基地から外に出て、よその町の深夜の空気をしみじみと吸ってみる。
傍から見れば完全に変質者である。
(REPORTに続く)



たびチャリ REPORT

会津若松熱塩温泉自転車道

ここは49kmに渡る会津若松熱塩温泉自転車道の北側区間で、阿賀川にかかる大きな橋。
「道の駅喜多の郷」をスタートして一気に14km弱を走り、ここで折り返す。
(以下に掲載のレポートは復路です)



会津若松熱塩温泉自転車道

自転車道の一般道並走区間が暫く続く。
通常であれば一般道並走区間はあまり快適では無いが、ここはとても気持ちが良い。
道が広く交通量も少ないので、この広い空間を独り占めしている感覚で走れる。



会津若松熱塩温泉自転車道

天気良し、風は無し、気温は適温。
ニヤニヤしながら走る。



会津若松熱塩温泉自転車道 会津若松熱塩温泉自転車道

そんな快適な一般道並走区間を終え、自転車道は自転車専用区間に変わる。



会津若松熱塩温泉自転車道

先程とは違い、圧迫感がある。



会津若松熱塩温泉自転車道

大量の虫が顔に当る。
特にトンボと蜂が多い。
サングラス、マスク、帽子を着用しているのであまりダメージは無い。



会津若松熱塩温泉自転車道

すれ違う人は皆無。貸切状態の自転車道。



会津若松熱塩温泉自転車道

自転車道は喜多方駅の付近を通過する。
ここで右に折れ、喜多方の街中を探検してみよう。



会津若松熱塩温泉自転車道 会津若松熱塩温泉自転車道

期待を裏切らない街だ。
ノスタルジックな建物も散見される。
マイチャリで喜多方を走っている感覚が楽しい。



会津若松熱塩温泉自転車道

喜多方駅に到着。



会津若松熱塩温泉自転車道

駅前ロータリー。
あまり栄え過ぎていると気分が台無しになるが、この駅前は丁度良い。
ちなみに喜多方ラーメンは食べずにこの街をあとにした。
ゴールの道の駅で食事をするために我慢だ。



会津若松熱塩温泉自転車道

楽しい街中散策を終え、自転車道に復帰した。
河川敷公園の中を走る。
ここもすれ違う人は皆無だ。





会津若松熱塩温泉自転車道 会津若松熱塩温泉自転車道

今回の走行区間に唯一あったトイレ。
立派で綺麗なトイレ。設置に感謝。



会津若松熱塩温泉自転車道

閑散とした自転車道をのんびり走る。



会津若松熱塩温泉自転車道 会津若松熱塩温泉自転車道

道沿いに空地が見えた。ちょっと停まろう。
河川敷の静かな空地だ。
小腹が空いたので、チョコバーとお茶で一服する。
甘いものが美味しく感じられる。



会津若松熱塩温泉自転車道

小休憩でエネルギー補給をし、再び走り出す。
遠くの山々に向かって走る。



会津若松熱塩温泉自転車道

いいねぇ、平和な空間だねぇ。
ゆっくり走るぞ。
急ぐ必要もないし、そもそもスピード出す気になんかなれない。
AMラジオがあれば、ご当地ラジオでも聴きながら走ったんだが。



会津若松熱塩温泉自転車道

熊出没注意の看板は多数見てきたが、血が飛んでいる看板は珍しい。
本当に注意喚起を促すのであれば、これくらい攻撃的な描き方で良いと思う。
ナイスな仕事だ。



会津若松熱塩温泉自転車道

自転車専用道が途切れ、自転車道は一般道並走区間となる。
その手前にある東屋。
チャリの休憩にピッタリ。
今回のゴールはもうすぐなので通過する。



会津若松熱塩温泉自転車道

自転車は車道寄りを走るのがルールなのか。
対向してきた自転車も車道寄りなので、よけるのが面倒くさくならんかね。
と考えながら走る。



会津若松熱塩温泉自転車道

再び自転車専用区間。あと少し。



会津若松熱塩温泉自転車道

今回のゴール「道の駅喜多の郷」に着いた。
腹減った。



会津若松熱塩温泉自転車道

肉が食いたい。ソースかつ丼だ。うまいぞー。
ついでに隣の温泉に入るぞー。
翌日は登山
磐梯吾妻スカイラインの浄土平が登山口なので、そこまで移動する。
深夜の浄土平は星が近くに見えるから、外で飲むビールが美味いはず。
もちろん車中泊。
秘密基地の旅はまだまだ続くのさ。




データ

走行距離 30.0km / 往復
走行時間 3H / 全行程
走行環境 河川9:市街1
寄り道スポット 喜多方駅前
コース内トイレ あり・1箇所
コース内休憩所 あり・多数
自転車道専用区間 (少) 1 2 3 4 5 (多)
たびチャリ 楽々度 (苦) 1 2 3 4 5 (楽)



注意書き

たびチャリの概要

秘密基地に折畳自転車を積載し、日本各地の大規模自転車道を走ります。

目的

全都道府県のクリア。

クリアの条件

(1) 各都道府県で1本の大規模自転車道を走ります。
(2) 上記(1)のうち、往復で40km程度の任意の区間を走れば、その都道府県はクリアとします。

Sponsored Link

車中泊ベッドキット
車中泊ベッドキット
車中泊ベッドキット
http://sawyer.jp

AD




↑このページのトップ↑