野付半島 トドワラ- 北海道 -


HOME > 謎の秘境男 > 野付半島 トドワラ (北海道)


野付半島トドワラ

まえがき

野付半島の地形

野付半島は全長26kmの「砂嘴」で構成されている。「さし」と読む。
聞き慣れない砂嘴だが、海から砂が漂着し、堆積して形成された地形のことだ。
そのためカクカクしておらず、躍動感のある地形になっている。
是非地図で確認してみて欲しい。
地球の営みを見ているようで楽しいよ。

異質な環境

独特な地形の野付半島は、その環境も特徴的だ。
一般的に半島とは海に突き出たズングリした土地を指すが、ここはとにかく細い。半島の奥に進む道が一本だけあり、その左右は海になっている。
道路と海との間には湿原・干潟・草原・原生林などがあり、この細長い半島には多様な環境が共立している。
さらに野鳥の宝庫でもあり、日本で確認できる種の40%が飛来する。
そんなことを頭に入れて、一本道を奥へ進む。

この世の果て

野付半島の奥に「トドワラ」がある。野付半島の代名詞にもなっている風景(現象)だ。
トドマツが生えていた場所に海の浸食が起こり、立ち枯れとなってトドワラとなる。
その様は、殺伐と荒涼が混在したこの世の果てのように見える。
雰囲気を盛り上げるためにもう一つ付け加えると、稀にシャチが泳いでいるらしい。
陸があの光景で海にシャチかい。
この世の果てじゃなくて、あの世だよ。
(REPORTに続く)



謎の秘境男 REPORT

野付半島 マップ

※クリックで拡大(別ウインドウで開きます)

野付半島

野付半島の説明は、俺の文章よりもこの画像のほうが分かり易い。
※クリックで拡大(別ウインドウで開きます)



野付半島

野付半島を通る唯一の道。細長い半島のため左右は海だ。



野付半島ネイチャーセンター 野付半島ネイチャーセンター

8時30分、野付半島ネイチャーセンターに到着。
トドワラ探検のベース基地。



野付半島トドワラ 野付半島トドワラ

トドワラの説明は、俺の文章よりもこの画像のほうが分かり易い。
※クリックで拡大(別ウインドウで開きます)



野付半島ネイチャーセンター

このルートを歩く。
※クリックで拡大(別ウインドウで開きます)



野付半島トドワラ

雨は止んだ。さあ出発だ。



野付半島トドワラ

誰もいない貸切状態の「この世の果て」。



野付半島トドワラ

楽しくも単調な一本道を1km進むと、ちょっとした広場が現れる。
ここからがトドワラのメインステージとなる。



野付半島トドワラ 野付半島トドワラ

ここに来るのは3回目だが、なぜか違和感を感じ始める。



野付半島トドワラ

違和感の理由がすぐにわかった。
トドワラが見えない。
ここでも多少の立ち枯れが見えたはずだが、何もない。



野付半島トドワラ

とにかく奥に進もう。まずはT字路を左に行く。
左は海の上を歩く歩道だ。



野付半島トドワラ

海上を歩く。良い道だ。



野付半島トドワラ 野付半島トドワラ

快適な海上の木道が終わり、整備された地面の上を歩く。
左前方に終点の桟橋が見える。快適な探検だ。
それにしても、前回来た時とは少々違うな。新しく造ったのか。



野付半島トドワラ

横に見えるは「得体のしれない物体」。
絶対に落ちたくない。



野付半島トドワラ

ん? ここで地面が終わっているな。



野付半島トドワラ

今から ここを歩くことになった。
こことは「得体の知れない物体」の上のことだ。



野付半島トドワラ

ほにょおおおおおおおお



野付半島トドワラ

あひぃいいいいいいいい



野付半島トドワラ

あー ズブズブ埋まるよ。
あー 変な汁が靴に入ってくるよ。
うへへへ。いひひひ。



野付半島トドワラ

やっと桟橋の端に到着した。
靴と靴下は悲惨な状態になっている。



野付半島トドワラ

ここで桟橋コースはゴールだが、一つだけ問題がある。
帰りにもう一度ズブズブを歩かなきゃならん。



野付半島トドワラ

おりねぇよ



野付半島トドワラ 野付半島トドワラ

少し戻り、先ほどのT字路の右コースを進む。
こちらは「トドワラ」が観賞できるコースだ。
要はこの地のメインコンテンツ。



野付半島トドワラ

快適な木道を歩き、ゴールまで来た。
やはりトドワラが数本しか無い。



野付半島トドワラ

近年発生した爆弾低気圧が、トドワラを海に流してまった。残念だ。
しかし、トドワラが無くても野付半島は平常運転。
「この世の果て感」は少々薄まってしまったが、魅力的な場所に変わりはない。
どうだい、素敵だろ?



野付半島トドワラ 野付半島トドワラ

これは10年前の2009年に訪れた時の写真。まだトドワラが残っている。
長い年月をかけ徐々に形成されていったトドワラは、急激に減少した。
やはり地球の環境に異変があるのだろう。
そんなことより靴が気持ち悪りい。



野付半島 国後島

ネイチャーセンターに戻り、帰路につく。
野付半島の中ほどで、国後島が目の前に見える。

※クリックで拡大(別ウインドウで開きます)



野付半島トドワラ

同じく野付半島の中ほど。海上を鹿の軍団が歩く。
彼らは野付半島の海上は歩けることを知っているんだ。妙に感心してしまった。
※クリックで拡大(別ウインドウで開きます)

グチャグチャの靴と靴下は、とりあえず道路の水たまりで洗った。
本来であれば洗剤が必要だが、旅の途中では満足に洗える場所が無い。
あれこれ考え、結局洗車場で洗うことにした。
高圧洗浄機は洗剤が出るしね。





注意書き

謎の秘境男の概要

ネット・雑誌・口コミなどで情報を収集し、興味深いと感じた場所を探訪します。

目的

※このカテゴリーは他のカテゴリーとは異なり、クリアが目的ではありません。

クリアの条件

(1) ここでの秘境の定義は「非日常を感じられる場所」とし、自然界に限定しません。
(2) 危険を伴わずに到達できる場所。
(3) 法令・条例違反をせずに到達できる場所。

Sponsored Link

車中泊ベッドキット
車中泊ベッドキット
車中泊ベッドキット
http://sawyer.jp

AD




↑このページのトップ↑