オトンルイ風力発電所- 北海道 -


HOME > 謎の秘境男 > オトンルイ風力発電所 (北海道)


オトンルイ風力発電

まえがき

巨大風車が並ぶ風景

「オトンルイ風力発電所」は風車によって電気をつくる発電所である。そのまんまだが。
絶景ルートで有名な日本海オロロンラインに沿って、3kmの区間に28基の巨大風車群が並ぶ。北海道らしい壮大な風景だ。
3kmの区間とはいえ車で走れば3分で通過してしまう。
しかしこの風車群の端に「サロベツ原野駐車公園」があるのがミソだ。

サロベツ原野駐車公園

ズラーっと並んだ風車群は、この公園から見渡すことができる。
道路を隔てた目の前には巨大な風車がそびえる。
さらに後ろを振り向くと、海の向こうに利尻富士が堂々とそびえる。
最果ての地独特の雰囲気もあり、なかなかの公園だ。
日中も絶景だが、夜明けはどうだろう。興味があるので車中泊してみることにした。
(REPORTに続く)

謎の秘境男 REPORT

オトンルイ風力発電

絶景ロードで有名な日本海オロロンラインを北上中。
オトンルイの風車群が見えてきた。



オトンルイ風力発電

3.1kmに渡り28基の巨大風車が並ぶ。
滅多にお目にかかれない光景だ。



オトンルイ風力発電

巨大風車群はここで終わる。車では3分で通過してしまう。
勿体ない。
しかし、ちょうどいい場所にサロベツ原野駐車公園が現れる。



GoPro HERO9 Black

本企画で使用中。
最新型が高くなりすぎているので、旧型がおすすめ。

\55,191(2022.08)

SURFOLA SF230 アクションカメラ

初めてのアクションカメラに最適。この価格帯では充実した機能。4K/2000万画素/水中カメラ水深40m/リモコン/WiFi搭載/手ブレ補正/HDMI出力/バッテリー2個/170度広角レンズなど。

(カテゴリーベストセラー1位)

\5,584(2022.08)




サロベツ原野駐車公園

名前からして秘境っぽい駐車場。



サロベツ原野駐車公園

利尻島の利尻富士は、こんな感じで見える。



サロベツ原野駐車公園

公園の目の前は巨大風車。
これが夜明けにどう見えるか知りたい。



サロベツ原野駐車公園

高い。



DJI MINI 2 ドローン

世界シェア70%の業界最大手ドローンメーカー「DJI」。
性能は十分な上に、200g未満のため航空法(無人航空機規定)適応外で、フライトの場所や時間帯の制限が厳しくありません。

\57,576(2022.08)

Holy Stone HS175 ドローン

Holy Stone製のドローンは、これから空撮あそびを始める人におすすめ。こちらも200g未満のため航空法(無人航空機規定)適応外です。

\15,990(2022.08)

HAWK'S WORK ラジコン飛行機 F-22

自動安定化ジャイロシステムが内蔵されており、操縦が簡単。軽量で耐久性がある発泡構造により、軽い衝突で飛行機が粉々になることを防ぎます。グライダーの入門機に。

\6,980(2022.08)




サロベツ原野駐車公園

空の王者が悠々と飛ぶ。



サロベツ原野駐車公園

ずらりと並ぶ風車群。



サロベツ原野駐車公園

さあ、暗くなった。これからが本番だ。
地元のスーパーで買い出しした食材で車内宴会だ。



フォード ブロンコ 2021 タミヤ 1/10 電動RCカー

ルーフラックやフロントグリル、スペアタイヤカバーなどを別パーツとしたスケール感の高い構成。シャーシはシャフトドライブ4WDのCC-02を採用。

\26,600(2022.08)

グラスホッパー タミヤ 1/10 電動RCカー

電動RCカー、グラスホッパーが誕生したのは1984年。作りやすさを重視した設計と扱いやすい走行性能で人気者となりました。オフロードもオンロードも遊べる2WDバギー、RCカーを始めるには最適の1台です。

\7,145(2022.08)

ランチボックス タミヤ 1/12 電動RCカー

直径115mmのタイヤで悪路を走行。ギヤボックスは砂の侵入を防ぐ密閉式。グリップのよい路面で急加速すれば、前輪を持ち上げてのウイリー走行も可能。

\9,496(2022.08)




サロベツ原野駐車公園

午前4時に目覚ましが鳴る。
車窓からぼんやり外を眺めると、予想通りの光景が広がっていた。



サロベツ原野駐車公園

撮影をして、温かいコーヒーを飲んで、また撮影をして、ウロウロする。
夜が明けるまで至高の時間を過ごした。



利尻富士

もう一度寝た。起きたのは10時くらいだったか。
少々北上し、雄大にそびえる利尻富士を撮影。
島なのに近い。



音威子府そば

オトンルイ風力発電から1時間少々の距離にある音威子府駅。
立食い蕎麦が有名。
黒い蕎麦なのだ。



音威子府そば

ほら黒いでしょ。
さて、温泉にでも行ってくるかね。
まだまだ北海道の旅は続くのさ。

(おしまい)



注意書き

謎の秘境男の概要

ネット・雑誌・口コミなどで情報を収集し、興味深いと感じた場所を探訪します。

目的

※このカテゴリーは他のカテゴリーとは異なり、クリアが目的ではありません。

クリアの条件

(1) ここでの秘境の定義は「非日常を感じられる場所」とし、自然界に限定しません。
(2) 危険を伴わずに到達できる場所。
(3) 法令・条例違反をせずに到達できる場所。