宗谷丘陵- 北海道 -


HOME > 謎の秘境男 > 宗谷丘陵 (北海道)


宗谷丘陵

まえがき

周氷河地形

宗谷丘陵は約2万年前に形成された。
長い年月をかけて地中の水分が凍結と融解を繰り返し「なだらかなデコボコ」の形状になる。
これを周氷河地形と呼ぶが、国内では宗谷丘陵と兵庫県の砥峰高原で確認できる、非常に珍しい地形だ。
宗谷丘陵には元々樹木が生えていたが、明治の山火事で消失してしまい、未だに回復が出来ていない。
そのため地形がハッキリと見える景観になっている。

宗谷丘陵を走る

これらの理由により、宗谷丘陵の中を走るドライブは、ほかでは味わえない特別な車窓となる。
見える景色は「なだらかなデコボコ」の丘陵だけだが、初見のドライブなら飽きることは絶対にない。
むしろ、この道が永遠に続けばいいのにと思うほど。
俺は日本の色々な道を走ったが、閉鎖前の乗鞍スカイラインと比肩するNo.1の道だ。
今回記載するのは宗谷丘陵を真っすぐ北上するルート。
その他におすすめのルートが2本ほどあり、むしろこの2本のルート(下のマップで灰色のルート)こそが王道の宗谷丘陵堪能ルートかもしれない。
それの模様についてはまたの機会に。
(REPORTに続く)



謎の秘境男 REPORT

宗谷丘陵

道道1077号線は北海道を横に通る道。
道道889号線は縦に通る道で宗谷岬方面へ向かう。
今回は889号線で宗谷丘陵の中を走り、宗谷岬をゴールとしてみる。



宗谷丘陵

道道889号線に入った。
暫く丘陵の様子は伺えないが、おそらくこの辺りも宗谷丘陵の前衛的な地形なのだろう。



宗谷丘陵

そろそろ周氷河地形っぽくなってきた。



宗谷丘陵

これが首都圏近郊なら週末毎に大渋滞だな。
人間の立入りによる継続的な負荷で、この環境を維持できないだろう。
この丘陵は日本の最果てでよかった。



宗谷丘陵

まあ、ここを走っている俺も負荷を掛けている一人なんだけどね。
ごめんなさい。



宗谷丘陵宗谷丘陵宗谷丘陵

宗谷丘陵の中では人工物がほとんどない。
そのため風車が目立つ。



宗谷丘陵宗谷丘陵

すぐに通過するのは勿体ないのでゆっくり走る。



宗谷丘陵

ここで右折。宗谷岬に向かうこの道は「宗谷周氷河ロード」命名されている。



宗谷丘陵宗谷丘陵宗谷丘陵

宗谷周氷河ロードに入ると、海が見えてくる。
ゴールは近い。



宗谷丘陵

この右にある駐車場は、宗谷岬の高台にある宗谷岬公園駐車場。
トイレもあるので、ここで車中泊する人も多い。



宗谷丘陵

高台から急坂の小路を下ると宗谷岬。



宗谷岬

着いた!
来た道を引き返して、宗谷丘陵をもう一度走る。
ついでにラーメンを食べに行く。



わさびラーメン

宗谷丘陵から車で30分、小さな集落にある食堂の「わさびラーメン」を食べる。
俺の中では宗谷丘陵とわさびラーメンはセットになっていて、毎回食べている。
興味があれば「稚内 わさびラーメン」で検索してみてね。





注意書き

謎の秘境男の概要

ネット・雑誌・口コミなどで情報を収集し、興味深いと感じた場所を探訪します。

目的

※このカテゴリーは他のカテゴリーとは異なり、クリアが目的ではありません。

クリアの条件

(1) ここでの秘境の定義は「非日常を感じられる場所」とし、自然界に限定しません。
(2) 危険を伴わずに到達できる場所。
(3) 法令・条例違反をせずに到達できる場所。

Sponsored Link

車中泊ベッドキット
車中泊ベッドキット
車中泊ベッドキット
http://sawyer.jp

AD




↑このページのトップ↑