櫛形山- 赤石山脈 -


HOME > たび登山 > 櫛形山 (赤石山脈)


櫛形山

まえがき

櫛形山

赤石山脈の中央から多少ずれている、赤石山脈の前衛峰。
池の茶屋登山口の標高が1861mであるため、2052mの頂上までの距離は短い。
たび登山には最適の山。早い人であれば30分少々で登ってしまうだろう。
そのため櫛形山を過ぎて、その奥の「アヤメ平」と名の付く標高1900mの湿地草原を目指す人が多い。
アヤメ平まで行っても片道120分は掛からない(と思う)ので、行けばよかったと後悔している。

登山準備

今回はスケジュールの都合で前泊をしなかった。
自宅出発は深夜3時。
深夜の首都高→中央道→一般道はとても走りやすく、快適な移動となった。
そして、狭く暗い山奥の林道を走行していると、徐々に夜が明けてきた。
(REPORTに続く)



たび登山 REPORT

丸山林道 丸山林道

複雑に入り組んだ真っ暗な林道を走る。この雰囲気は嫌いじゃない。
そのうちに夜が明けてきた。



丸山林道

上空は夜、地平は朝。夜と朝の間に富士山。



池ノ茶屋登山口駐車場 櫛形山

池の茶屋登山口駐車場に到着。一番乗りだ。
櫛形山周辺には、様々なトレッキングコースがある。



櫛形山

6時55分、登山開始。
晩秋のためかなり冷え込んでいる。



櫛形山 櫛形山櫛形山

この登山道にはフェンスが張り巡らされており、複数のゲートがある。
鹿による食害を防ぐためだ。
通過のたびに開錠と施錠を繰り返す。



櫛形山 櫛形山

鬱蒼とした登山道を歩いていたが、やっと陽の光が当る場所に出た。
ベンチがあるが、まだ疲れていないので通過する。
帰りに一服させていただこう。



櫛形山 櫛形山櫛形山

眺望のあまりない樹林帯の中を進む。
山歩きと言うより、ひたすら高度を稼ぐ作業。



櫛形山

ずいぶん登ったな。
そろそろ景色が良好になってきた。



櫛形山 櫛形山

太陽と同じ目線になった。眩しい。
数分後、前方にあった太陽が背後に周る。
俺と太陽の位置関係がイマイチわからん。
ちなみに俺の手は小さくてプニプニしている。



櫛形山

ややこしいから落ち着いて読んでいただきたい。
ここが標高2052mの櫛形山最高地点だ。「奥仙重」と言う。
しかし櫛形山の山頂は、これより少々先にある。
つまり最高地点と山頂が違う。
山をウロウロ歩くのが好きなだけなので、何でもいいけど。
かんたんマップ参照 ※別ウインドウで開きます



櫛形山 櫛形山

この辺りだったと思うが、左方向で犬より大きい生き物が動きまわっていた。
道迷いしたらコイツと戦わなきゃいかんので、ナビで確認しながら進む。
お互いのためだ。
一応、催涙スプレーはリュックから出しておいた。
素朴な疑問だが、あれだけあったフェンスは意味がないのかね?



櫛形山

標高が上がると、景色もそれなりに豪華になってくる。



櫛形山

俺の前や後ろに行っていた太陽は、今は富士山の後光。



櫛形山

いきなり現れた櫛形山の山頂。あやうく通過しそうになる。



櫛形山

櫛形山山頂。
標高2052m。6時55分登山開始、7時32分登頂。
光の先には富士山がそびえ立つ。



櫛形山
櫛形山

※クリックで拡大(別ウインドウで開きます)

登山口までの林道は狭く険しいが、山頂に立つのはそれほど困難ではない。
見事な雲海。水墨画のような富士山が見みられるので早朝登山がオススメだ。
これから山中湖に移動して、富士吉田山中湖自転車道を走る予定。
まだ朝の8時前、たっぷり遊べるぞ。
疲れたら秘密基地で寝りゃいいだけだもんね。




データ

山系 赤石山脈
のぼった山 櫛形山
標高 2052m
登山口 池ノ茶屋登山口
登山口の標高 1861m
登山口への道 舗装路・超狭い
登山口駐車場 あり・約20台
登山口トイレ あり
コース内トイレ なし
(避難)小屋 なし
のぼりタイム 50分
くだりタイム 35分
たび登山 楽々度 (苦) 1 2 3 4 5 (楽)
たび登山 絶景度 (低) 1 2 3 4 5 (高)

所在地/登山口


歩いたコース

櫛形山



注意書き

たび登山の概要

日本の主要山地を巡り、登山をします。

目的

全山地のクリア。

クリアの条件

主要山地の山を1座だけ登頂すれば、その山地はクリアとします。
登山対象とする山は、下記の条件を満たしている山です。
(1) 標高1000m以上の山
(2) のぼりタイムが120分以内
(3) 初心者でも歩ける

主要山地マップ

日本山地マップ
クリックで拡大
(別ウインドウで開きます)

Sponsored Link

車中泊ベッドキット
車中泊ベッドキット
車中泊ベッドキット
http://sawyer.jp

AD




↑このページのトップ↑